BLOGブログ

ハタケと一緒に海に行く☆沈船☆

海外に行くと、日本との違いにびっくりしたり『そうなんや』ってなる時があるよね

関西人として気になるんは、信号が赤のまま渡る国が多くて意外に青を守る国が少ない

ちなみにイギリスは🇬🇧赤でも自己責任の元横断する事が認められているみたいやから、赤でもバンバン横断する

何が世界基準なのか分からなくなる京橋ブースから信吾です、こんにちは

 

信吾さんとハタケ、マンツーマンでDEEP講習をして来ましたin白浜

BFC318E7-42DB-459B-A3FB-AEEEF9EFC8B3

初myドライスーツに袖を通して、ご満悦な感じやけど、ダイビングギアはそこからきっちり使い方を学んで、初めて自分専用の使いやすさが出てくるんや

F67E65B3-FB74-436A-9815-230DD133BA30

今回も正しい着方から、使いこなしてもらいましょう‼️

この日の水中は少し濁りが強くて『沈船』も、おどろおどろしい感じに映ってるけど、講習やからこんな海も上手に潜れる潜り方を知ってもらおう✨

612CBDC7-415F-4298-AA93-11335935C822

DEEP講習の水中では、様々な事をやるんです

まぁ、詳しくは書かないけど・・・例えば結構な深度をとってからそこで『生卵』を割る実験とか

どうなるか分かるかな❓

知りたい方は、信吾さんと水中で会いましょう🎶

B848839C-6266-459B-967F-A9F8030ADB19

白浜に通ってると、沈船は結構な本数を潜る事にぬるんやけど、たまに『また沈船ん〜💦』みたいな言葉を耳にする事がある

いや💨ダイビングのホントの面白さは、一つのポイントとまでは言わんけど、慣れたポイントを何度か潜る事で見なかった生物を見て、新しい生物を覚える

8287D214-EB30-4C4B-901F-04ED942F5E27

見慣れたアングルじゃなく、少し見方を変えた場所からの写真を撮って褒め称えられたり

何よりいつもの感じやから、余裕ある中『残圧』や『窒素』と睨めっこする時間が作れて、ダイバーとしての階段を登って行ける

ホームグラウンドを作るって、実はめちゃくちゃ大事なんやで

AEEB990C-39B8-4946-9256-5892E1339CFB

それを差し引いても『沈船』は楽しいっ

信吾さんだけで言っても『沈船』は何百回も潜ってるけど、現にまだ楽しいもんな

『飽きた』言うてる人の気が知れんわ

9D16FF32-2A1B-4876-86BD-B46D2D559C32

とにかくハタケも順調にDEEPの知識をつけて、ドライスーツへの順応も早かった✨

753A18FB-B72B-42D7-B001-66FFEF84D3F6

挙げ句、ボートの操縦まで習得する勢いで、ボートのハンドルまで握ってた

AC813A92-88FA-4B1E-8713-98F3BC9CA30F

どんどんハタケが海の女になって行くようで、嬉しくなるな

そんなこんなで、海上も海中も両方行けるハタケが完成した一本目でした🎶

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!