BLOGブログ

信吾さんにも『奄美』語らせて 前半

忙しい時・・・『さぁ盛り上がって来たでぇ』

予期せぬ危機になったら・・・『オモロい事が起きたでぇ』って言い変えてみる

ポジティブな言葉と気持ちで年末を乗り切るで

2017年も最後まで後悔なんてしないように進む、京橋ブースから信吾です こんにちわ

 

しばらく前に散々『奄美ツアー』の記事があがってたけど、実は信吾さんとナオも視察について行ってたから、そんな話しもしときたい

A142FC08-AD54-40AD-8EBB-8D75862820B2

信吾さんは今年の4月に喜界島の視察で、奄美は経由したけど真っ白のままだった奄美

今回はきっちり埋めてきました

The CUCURUっ‼️って感じに朝から晩まで遊び周ったから、久しぶりに遊び疲れた感があるツアーは、内容はもちろん充実しまくってた✨

2CBDB4C9-5FC8-4C72-AF40-A46F7E63C7FD

奄美のエエところは、フライト後にすぐダイビングが出来る事や

まずはジャブ的にビーチから覗かせてもらおう

15C60665-967C-4D77-A5CE-F06F44C06BEC

決して大物とかが出るわけでもなければ、ダイナミックな地形がある訳でもないけど、奄美特有の水色の海にカラフルなサンゴが群生する水中はたった2時間弱の移動する海としては贅沢過ぎる

519DD34B-8D92-4A27-BFF3-19EF61BE0F88

B0F6D277-B94D-44B1-AA71-BB6F960B052B

次の日からもボートダイビングはドンドン行けるし、何よりダイビングサービスのスタッフはちょっくん始め、戦友の伸くんやら人のエエ人が溢れてて、気分がエエわ

32EA590A-8719-4B9A-8F4B-6FFFD05F9B13

イソギンチャクの白化現象も、写真映えする綺麗さでマクロ(小さい生物)好きが夢中になる海なんは、頷ける

程よいネイチャーの残る島は、夜には『アマミノクロウサギ』なんかを見に行くナイトツアーや、シーカヤックなんかもあって、遊びには不自由しない

まぁ、一回行くと『この時間使うなら、ダイビングがエエな』って思うんやけどな♥️

 

22128589-7F5A-4D25-B800-C1DB3EF412B7

奄美の海は初心者に優しいなって思える程、穏やかでなかなか綺麗な水とトロピカルフィッシュで溢れてる

ほんで慣れたダイバーにもあっと驚くレアマクロが飛び出す

こんな懐の深い海が、大阪きらこんなに近くにあるなんて全然知らんかった事が、恥ずかしくもまた新しいワクワクをくれる

E9215F6D-3D89-494C-A2A3-7CEC8ED6A7D4

一日んずっと海の上で過ごすダイバーだけの贅沢な時間はほんまにスペシャルで、リゾートの良さは海からの景色からにこそ価値がある

これは信吾さんが昔から思ってる事やけど、初めて沖縄に行った時に1番テンションが上がったんが、飛行機から海見た時で、それ以降陸ではそないにテンションが上がらないあの感じ

E053C5BD-AB18-4268-BCC6-CDB249B26AA9

リゾートはやっぱり海というフィルターを通して見るのが、1番絵になる

そんな都会から離れた景色を、手軽感じれる海が『奄美』と言う島なんやなって理解した✨

3CBC86D4-62ED-4B48-8253-71CDAFB81D84

白浜よりも近い移動時間で、こんな海を見れる・・・

そらぁ、スベらんわな

58876747-D40C-4213-BEF2-87E575645B66

F2D50FCD-6FAC-424D-90FE-226BBB01A0BB

明日はそんな奄美ツアーのアクティビティと、ゲストたちとの遊んだ記憶を追うわ🎶

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約
TEL
044-589-6942
FAX
044-589-6943