BLOGブログ

早速いそいそ磯を潜る喜界島のビーチダイビング

京橋にある『ローストビーフ丼』がたまらなくウマい

大きさも値段も、そして選べるソースのバリエーションも申し分ない‼

何より店長のプロレスラー『ウルフ井上』がエエ人や

京橋のうまいもん発掘に余念がない信吾です、こんにちわ

 

さて、初めととなる喜界島でのダイビング

ワクワクしながらさっさと準備して、その最中にポイントの説明を聞く

P4181350コピー

すでにダイビングを終えている菅野は、何て暇そうな顔をしてるんや

BBQの時間があるので、皆合わせて18時にはエキジットの予定を組む

うんうん・・・イントラばっかりのダイビングって楽チンやわ

P4181363コピー

狭い通路を沖に進んで行くと、両サイドから『ウミガメ』が何匹も何匹も逃げていく

『んっ?ここビーチやんな??』って思うくらいの数が居てて、この逃げていく感・・・つまりダイバーに慣れていない感じが逆に信吾さんはエエなって感じる

ふと横切って行く黒い塊に目をやると・・・

P4181358コピー

マグロが回遊しているっ‼

『あれ?ここビーチやんな??』って改めて思う

ワイドに秀でた海を持つと言う話はだてやないな・・・うん♪

P4181373コピー

・・・でも伸くんに目をやると、いつものスタイルで写真を撮ってはる

ほんで何を撮ってるか尋ねたら『とびんにゃ』っていう、最早奄美大島でも見れる生物を撮りまくってる

君・・・奄美大島のガイドやんな(゚Д゚;)

まぁマクロな写真を撮るダイバーにとっては、そんな事どうでもエエんやろうな

信吾さんも帰り道、クマノミを撮ってみる

P4181380コピー

周りで見てると、そないに夢中になるかって思うけど自分がやると納得できるアングルになるまで集中してまうところに、少しだけやけど面白味を感じたわ

こうして喜界島のダイビングは、ワイドもマクロもありのワクワクがいっぱい詰まった海やというのを実感して、明日からのダイビングがさらに楽しみになった

この後のBBQ写真は撮らずに、他ショップのオーナーと熱く語らいました

さっき見たイセエビやヤコウガイをつまみに、空には星空満点の贅沢な時間をナイスな仲間と過ごす・・・これこそ最高って言うんやな♪

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今すぐ電話する
TEL
044-589-6942
FAX
044-589-6943