BLOGブログ

ダイビング聖地でのラストダイブ

『自然』に感動する余裕をもって、生きて行きたい‼

意外にナチュラリストな信吾です、こんにちわ

 

いよいよ次のダイビングでラストダイブとなる

気が付けば、1本1本を省略する事無く全て書いちゃった♪

でも人に物語を伝えるって、こういう事やと思う

P1010873コピー

このツアーを締めるポイントに相応しいのは・・・

決めていた・・・『GERMAN CHANNEL(ジャーマン チャネル)』

世界でも屈指の「マンタ」ポイントや♬ 初日に会いに来てくれた子マンタやなくて5mにもなる成魚と会ってこのパラオを締める

P1010842コピー

エントリーしてしばらくは、ゆっくり泳いでマンタが来る『クリーニングステーション』を目指す

このクリーニングステーションと言われる岩には、マンタの身体に付いた寄生虫を食べてくれる魚が住んでいる

ここにマンタが、エステに通うようにやって来るんや

1つ目の場所に出たマンタは、ほんとに一瞬で消えてしまった・・・

確立50%・・・BIGチャンスを逃したかなって、少し焦る・・・

P1010850コピー

でも2つ目のポイントで待つ事5分・・・出たぁ‼

遠くから2枚のマンタが悠然と泳いでくる

先頭の子は警戒心バリバリで、すぐにどっか行ってもうたけど、後方の子はクリーニングを始めてくれて、皆の周りを旋回し出す

P1010862コピー

マンタが出るポイントって、プランクトンが多くて透明度はそこまで良く無いんやけど、ここまで寄れるっていうのが分かる写真やろ

マンタの方も、徐々に慣れて来てこちらに積極的に来てくれる

P1010866コピー

インストラクターはゲストにより近くにマンタやらの生物を、間違っても自分が逃がしてまっててはイケない

そんなタムの図っ

きっとタムもCUCURUを見て刺激を受けてくれたやろう、信吾さんはタムを見ながらイントラについて少し考える刺激をもらいました

最後に「マンタ」に会えたメンバーは、大喜び

まさしく大団円って感じのダイビング物語は、綺麗にまとまりました

P1010079コピー

ふ~~~~・・・

良かった💙

もちろんキャプテンの『スティン』にもお礼を言う

スティンは、いつも我々が、なるべく強い波に当たらないようの航路を決めてくれる

P1010876コピー

スコールを避け、大波を避ける・・・そんな現地の人の気持ちも全部持ち寄って安全に、そして快適にツアーが完成する

ありがとうタム&スティン

P1010879コピー

どんな日々だったかは、皆の笑顔とテンションを見れば分かって貰えるはずや

天気予報は3日とも雨やったし、風もかなり吹くって言うてたけど蓋を開けてみれば、全て予定していたポイントをまわり日焼けしまくりの毎日

ホンマに皆で作ったキラキラした時間でした

P1010886コピー

名残惜しいけど、出発に備えて器材を洗ってかたずけます

軽器材を残してね💙

ダイビングは終わっちゃったけど、実はアフターダイビングと言われる現地の遊びをやっちゃおう企画が残ってる

今回は・・・

明日まで秘密っ

P1010888コピー

なっ‼貴子っ♪

メンバーの1つの夢を叶えに、あの子に会いに行きます💙

では、また明日っ(^^♪

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!