BLOGブログ

PALAUブルーで、蒼に染まろう‼

日本の食ってホンマにおいしいわって、海外から帰って来ると思う

特に南国にケーキと、日本のケーキのクオリティの差には最早別の食べものにさえ思える

北浜の『GOKAN』・・・おススメな信吾です、こんにちわ

 

韓国を経由して、いよいよPALAUへ入国っ

明け方の到着になったから、メンバー仮眠は取るも眠たさの残しつつダイビングに向かいます

初日の天候は『くもり』・・・そして風も少し吹いている

でもCUCURUにはそんなモン関係ないのさ‼ 全てを『楽しい』に変えてしまえるメンバーの団結が売りや

PC300181コピー

そしてそんな期待を一身に受ける、水中インストラクター・・・いや水中コーディネーターの『タムくん』登場っ

彼に任せておけば、間違いない♪

それぞれの期待をこの海へぶつけに・・・いざ出港‼

PC300187コピー

目の前に広がるのは、目の覚めるような『青』とは言えない、それよりも深い色のまさに『蒼い海』が広がる

先ほどまでの眠気はどこへやら、ボート上からテンションはだだ上がり💛

PC300188コピー

パラオの海は同じ蒼がない・・・リーフ(珊瑚)のある場所ない場所、砂地、岩地、水深浅い・深い・・・

目まぐるしく変わる蒼と青は、どのアオもホンマにキレイや☆

1本目は『ULONG CHANNEL(ウーロンチャネル)』と言うポイントへ

外洋を代表するようなポイントへ、いきなり潜れてしまうのはちゃんとトレーニングして来た証拠っ

PC300192コピー

天気は曇りで、日の差し方が少し弱く透視度も本来のそれでは無いけど、それでも皆の期待を受け止めるには十分な水中風景が広がる

パラオの水中は、とにかく魚が多いっ

海に綺麗な場所であればある程、魚って少なく感じてしまうんやけど、ここの風景にはそれがない

ほら♪・・・向こうに見えるのは・・・

PC300210コピー

『ギンガメアジ』の大群や♪

ダイバーにとって憧れの魚群を、いきなり1本目から見れてしまう事に『ああ・・・パラオに来たんやな』って認識する

PC300213コピー

振り返れば『ホワイトチップシャーク』が、休んでる

サメも普通にあちこち泳いでる

ダイバーじゃない人の『サメ=怖い』と言う認識は、きっとパラオでは『サメ=美しい』に変わるはず

水中の王者は、優雅に水中を散歩してるんやで

PC300223コピー

この1本目のベストショットではないかな?

宗ちゃんのすぐ上を『タイマイ(甲羅が「べっ甲」に加工される綺麗なウミガメ)』が泳ぐ・・・

合わせる様にダイバーが手を差し伸べる

こんな事出来るのは、世の中で本当にダイバーだけが出来る『海の生物とのコミュニケーション』やで♪

あっと言う間の40分

浮上する体勢に入るんやけど、パラオの浮上は少し独特なスタイルや

PC300226コピー

ガイドが『フロート』と言われる風船みたいなものを、水中から打ち上げてその下で『安全停止(体に溜まった窒素を抜く)』をする

メンバーはそのガイドさんを目印に水深を確認したりするから、ガイドさん辺りに集合して待機する

PC300229コピー

皆、笑えるくらいにタムの周りに集合して、むしろゴチャゴチャになってもうてる・・・(;´Д`)

これを信吾さんは『タムタム幼稚園』と名付けた♪

それにしてもCUCURUのダイバーは、お利口さん揃いやなって思う

言われた事は必ず守る・・・てか守れるテクニックを持ってる

タムタム先生にも誉めて貰えてたよ

『水中のバディ潜水といい、さすがCUCURUダイバーですね』って💛

PC300231コピー

1本目からパラオの海はスゴかった

こんなに大所帯になるツアーの場所を『PALAU』にユダねて、正解やったって思ったよ

目に飛び込んで来たブルーと、魚群はこれからのダイビングを更なる期待を持たせるのに、充分なポテンシャルを見せつけてくれた

さてさて、ここからが本番っ♪

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今すぐ電話する
TEL
044-589-6942
FAX
044-589-6943