BLOGブログ

CUCURU登山隊~テントチーム~北岳ミッション 前半

1日は24時間・・・時間はすべての人に平等やけど、違うのは『密度』だけ

濃く生きる事に興味深々な信吾です、こんにちわ

 

屋久島から帰ってほどなく・・・って言うか次の日

信吾さんの『この夏のチャレンジ』が待っていた

南アルプスの盟主『日本第二位 北岳』登山

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一年に一度は、自分にチャレンジを課す


この登山の為に、枚方の『好日山荘』で装備買って


伊吹山に全然必要ないテント、わざわざ担いで登ったり


蝶ヶ岳でテント泊をしてみたり、経験を積んで来たつもり


バディはいつもの『ピロくん』彼女募集中やっ‼


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山梨県まで車を走らせて、さらにバスを乗り継ぐ

到着したのは広河原(ひろかわら)ってとこ、ここから登山口がある

順調に登り出したけど・・・いきなりの急坂っっ‼

朝から男2人、ハァハァ言いながら黙々と登る

でもまぁ、このくらい登り応えがないと目標にしてた甲斐もない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中、ここは屋久島か?と思うようなコケ風景もあり

南アルプス特有の雄大な森もあり

日本って何て広いんやって思う

誰や?日本は狭いなんて言うてるんは"(-""-)"

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『草スベリ』という道まで到達するころには、2人の表情は笑ってないね


テントを担ぐと、それだけでバックパックは15キロくらいになる


・・・それが後々足にくる


ただ、周りをみると明らか信吾さんより年上の方も、大きなバックパックを担いで登ってる姿を見ると、負けてられへんて気になる


ここは登山素人が来れる山やないんやと痛感する


自分の事は自分で‼


本来の趣味の形が、ここにはある気がするわ


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

疲れて来てるけど天候も少しづつ良くなって来る

太陽が出て晴れてくると、元気も出て来る☆

稜線に出たら後少し、足は疲れてるけど意外にまだまだイケるでぇ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして標高3000m、北岳肩の小屋へ到着~‼

頑張った・・・なんかいつもの登山とは違って、自分への達成感がある

今まで体験した事のない3000m稜線でのテント泊

この後すぐにテントを張って、遅めのランチを食べて一寝入り

・・・ここまでは、良かったんやけど

3000m稜線での洗礼を受ける事になるとは、この時考えてもみなかった

怒涛の後半へ・・・

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今すぐ電話する
TEL
044-589-6942
FAX
044-589-6943