BLOGブログ

パラオでのダイビング最終日🇵🇼

パラオには潜りに行く方面によって、会える生物や雰囲気が異なる

今まで紹介してたのは『ゲメリス』と言われるところで、THE パラオってポイント

CCC4B052-4410-47C3-BFDD-C203FC887AA5

最終日は『ウーロン』へ

ほんとはね『ペリリュー』に行きたかったんだけど、海況が悪いと行けない

B0710A27-426A-490F-A1D8-FC87FD19A3A4

そもそもペリリューは経験・ランク・海のコンディション…全てが揃っての出港になるから、今回は海況に嫌われた形

でもねCUCURUダイバーたちのレベルは本数は足りないものの、許可されてたレベルだからウチの子たちは自慢のダイバーな事は証明されたね

最終日のダイビングで印象的だったのは、『シアストンネル』と言うか洞窟

3A382751-E5B8-446D-868F-EAE3E4095D41

B14F5AD2-9401-4A87-A57F-1633F458D9BF

前回のブルーホールとはまた味付けが違う、けどやっぱりドデカい洞窟で、さらにDEEPな事

CD3A9292-30C0-4961-97D4-5DF60613A022

0D1117A6-D1C4-4181-ADB8-C39C66511D05

こんなにワクワクするポイントをいくつももつパラオは、本当に流石の一言に尽きる

その後の『シアスコーナー』で出会ったマグロも、ドデカくで大迫力やったな

61A72857-DDB1-47AB-9799-A0A7693D3C21

天気も回復したので、ウーロン島に上陸して毎回作るツアー動画のオープニングを撮りました

乞うご期待っ

FD021892-40D0-4783-8A97-82314702CBBA

っにしても、陽がサンサンと降り注ぐリゾートは🏝絵になり過ぎるくらいキレイや

白砂が眩しく、身体に夏を感じるジリジリさ

こうやってダイバーは夏を追う事が出来る

なかなか海外に動きだせない人はそこに『理由』がないからで、今までの写真でも分かるように『行く理由』がこんなにあるのダイビングは素晴らしい

0EEF66A5-49A9-487E-BDC9-97A548459121

23441496-444A-4454-9EDE-3E37A30E185D

パラオ最後は沈船『忠洋丸』

全長90m、第二次世界大戦時ね貨物運搬船は当時の面影をきっちり残しており、締めに相応しい

CF7F5DB6-4F50-4CD3-B0FA-8BEAB3F696E4

ちなみに、信吾さんは沈船ダイビング大好きやから夢中になって、指が腱鞘炎になる程にシャッターを切りまくっておりました🤣

413F6A3A-F3EA-4337-8AB0-29BA43475CF9

11本のダイビング、どれも素晴らしかった

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!