BLOGブログ

白浜ナイトアクアリウム〜日中編〜

不発に終わった屋久島ツアー…くそっ台風のヤツめ

でも伊豆周遊ツアーは最高やったから水に流そう

また来年行くので、屋久島うんちくぅ〜お勉強しときましょう

まずは初級編…杉が1000年生きてやっと『屋久杉』と呼ばれるようになる

ちなみき樹齢7200年と言われてる『縄文杉』は、樹齢2000年くらいの杉が3つ合体して出来てると最近の研究で分かった

ぶったまげの大きさやから、一度は見たいよね

屋久杉の森に、登山の楽しさを教えてもらった信吾さんが大阪京橋よりお送りします、こんにちわ

 

ダイビングはエンターテイメントや❗️

もし信吾さんが偉人になったら、きっとこの言葉が伝わって行くでしょう

水中は確かに凄いけど、イントラとして透明度や魚の居る居ないに左右されない事が本当の『プロ』やと思う

イレギュラーの中にこそ最大のパフォーマンスがある感じやな

白浜でもそんな試みがされてて、その名も『ナイトアクアリウム』

281B13E7-8E6C-4EB9-BE50-E70145B85006

いつも潜ってる沈船をライトアップして、楽しんでもらおうと言うもので、何を隠そうそんなんが大好きっ

とは言うものの、本番は夜で日が暮れない事には始まらないから、昼は昼顔の沈船で楽しんでしまう

8DF0D278-0862-42FD-924E-C556D08516D2

せっかく時間があるので、今年の夏はなかなか食べる機会の少なかった『かき氷🍧』も食べとこう

晴天でなければ凍えていたであろう店を出て、ダイビングに向かう

5B34EBA6-998E-47DE-A53C-EE4572972D15

DC33F1D5-62B1-449E-BCFB-7C602470711C

秋を感じる水中は、徐々にベストシーズンを迎えるかのように、透明度も高くて魚が多いのが写真からでも分かるでしょ?

沈船に潜った人ならば分かるだろうけど、多いって一言で言っても伝わらないくらい多い❗️

F82C7C6C-C402-4E8A-A678-4AC35D81BC33

その群れは沈船を埋め尽くす程で、さらに中層ではアジ・イサキの乱舞が見れたりして、ここだけで充分な感覚さえあるけど

AA39611E-3776-4F25-AE8B-96CCEE303708

カンパチやブリがその群れにアタックする姿は、エキサイティング以外の何者でもない

D3AFA6AC-85F6-4FDC-B743-7A12AA3E32BC

4258A001-BEA6-4174-BCC7-AE50DAC95D31

『色津』と言うポイントも、小さいながら綺麗なアーチが何箇所かありくぐるのも見るのも楽しい

15A35D66-0B07-4E07-8569-DD1361FCDAD0

地形を楽しむダイバーにはたまらない昼間のダイビング2本を終えて、いよいよナイトボートで夜の沈船へ…✨

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!