BLOGブログ

中の島ホール『宮古島』ポイント紹介

前回の『魔王の宮殿』はいかがだっただろうか❓

大阪にいながら少しトリップ出来たかな

ってかもう行きたいだろ、宮古島

さて本日は同じ洞窟でも、少し趣きの違う洞窟へ案内しよう

 

本日は『中の島ホール』

E3731D7D-5828-4095-AAD1-5663C8884A96

前回の宮古島ツアーでは、1番はじめに潜ったポイントでした

ここは分かりやすくて、岩の足元にある大穴から垂直に降りていく

まさにエレベーターのような縦の洞窟や

25FECA30-896B-48AA-866E-DA2D4EB1F86E

『耳抜き』に要注意なポイントなのは、かなりの落差があるから中性浮力がとれないとフィンをバタバタするハメになるので、かなりハードなダイビングになってしまう

F76AD9D5-8D9E-462F-B23F-7D5DC6349320

73F48A0C-CE27-4335-901E-12C9CDF73E46

浮力調整しながら、まずひと段落出来る台で休憩…ふと上をみると青の光がキレイや

下はと言うとまだまだ続いて、暗闇が繋がる

4841EC36-A32A-46B7-BD10-B03AA67A9CCD

さらに潜降して行って、いよいよ最下層へ到着すると、横穴に変わる

D0DE313F-E194-4EC1-8ACE-3A5C21017F21

4038760A-02F4-4016-9A38-C008E790C44F

ここから見る外海の青は『砂時計』のような形をしていて、砂時計ホールって命名したくなるね

写真では分かりづらいけど、かなり大きい洞窟なのが分かるかな❓

比較するダイバーを見て貰うと、その大きさは感じてもらえるはず

映画のダイハード(古い)とか、エレベーターを降りて行くシーンがあるけど、あんなに苦労しない

01666780-5A6D-4B78-A750-43855682CF84

ダイバーとは無重力を手にした状態やから、あれよあれよと降りてしまえるのさ

初回にしてレベルの高い、ダイナミックな洞窟にCUCURUダイバーたちもハートを鷲掴みにされてました

78905390-39BF-4275-B08C-BA41B85E6673

横にくぐるだけじゃない、新たな遊び方と景色を提案してくれるポイント

それが『中の島ホール』だっ‼️

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!