BLOGブログ

魔王の宮殿『宮古島』ポイント紹介

自粛してる間、色々とやりたかった事をしてるから全然暇してない

部屋のDIYや、絵を描いたり、信吾秘蔵のフィギュアを並べてみたり

むしろそんな時間を楽しむ自分がいてるんやけど、CUCURUに携わってくれる人たちにはダイビングのわくわくを届けたい

そんな思いから、しばらくはこの先に予定してるツアーなどのポイント紹介をして行く事にする

大阪にいながら、リゾートへ飛んでもらう題して『ワクワクっぞ、ポイント紹介』✨

 

今回は11月に予定してる『宮古島』についてやってみよう

7C2EAF68-9D4D-4C1C-B8E6-03BA541407E2

数々の洞窟ポイント有する宮古島において、外す事の出来ないポイントが『魔王の宮殿』

水深は20mオーバーになるところへ行くと、横穴が…

021D11A4-23DA-4777-A62D-B8099A80BA07

水中ライトを光らせて、ほふく前進気味に狭い通路を行くと

大きな部屋に到着する

今までみたいな真っ暗では無く、光が差し込む姿は本当に神々しい

DC41987D-079D-4A2E-9CD3-54ED126778AF

ここが宮殿のエントランスホールと言われるところで、素晴らしい景色や

A2D2A6B3-F6ED-4119-B9FC-4FD6337FF641

2701C566-63DD-4C30-87F8-BE7DCDA92CF1

ふと目をやると、また別の場所に続く横穴が広がる

狭い通路の先には、今度はメインホールと言われる部屋に到着する

ここまでで深度は30m近くになっているから、経験値のかなりいるポイントだと分かるはず

誰もが安全に見れる景色では無い

74578EA6-F720-4CF3-A596-51D3DFBFB58E

にしても、この部屋がメインという理由は写真でも分かる通り魚がたくさん居てその鱗が反射する事で『シャンデリア』に見えると言うオシャレさっ

陽の光の入り方にこだわった時のメインホールは、ただただ美しい

さらに深部の『寝室』へ続くんやけど、ここから先はホントにレベルの高いダイバー専用っ

8CD37B75-A752-4C5D-A9CA-F7B1898D9683

エアーを管理しながら、来た道を帰る

宮古島に来たら必ず潜っておきたい『魔王の宮殿』は、経験本数30本程度は潜らないと行けない

11月はもちろん…潜りまっせ✨

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!