BLOGブログ

トレーニング内容について

最近の日本でもやっとフィジークなどが、流行りだしてマッチョが広がりつつある

大阪でも大ブームが来て欲しいな

素晴らしい事や

そんなネタで『間違ってるよ!日本のフィットネス知識』シリーズ行ってみよう

まずは『飲むだけ・着るだけ・付けるだけ』は全く効果がないよ

そんなに甘くはないよボディメイキング

自分を痛ぶる事にはドMな信吾さんか、京橋ブースよりお送りします

 

いつダイビングを始めるのがベストかって質問をたまに受けるけども

F62E92AC-640F-45F5-9B62-7A0C939E4CB8

全てのシーズンに対して『ベスト』やと思う

夏は言わずも分かる雰囲気最高っ

秋はこれまた魚の数、透明度の上昇となんちゃってダイバーが少なくなるから混まない

2B1435A7-BA29-42E4-AB32-EF96E8B55FEF

6D66CDB8-9C95-4CD1-904C-38783546C33F

冬は抜群の透明度

春は透明度は落ちるけども、新しい命が息吹いて小さなレアモノたちを追いかける『宝探し』みたいな水中がある

478F2E4C-CEBF-487C-8E15-39DD232F4936

だからどこのシーズンをとっても、スタートするには凄く良い

1つ、ポイントは冬場のドライスーツのシーズンをどう過ごすか

これ重要なポイントで、紀伊半島で潜るダイバーにとって11月から翌年の6月くらいまでの約8ヶ月がこのシーズンに当たる

34D9B410-6451-4364-9027-949D3D24CC8C

1E064166-89AD-475E-B910-262B6F73AC0A

ウェットスーツのイメージの強い趣味だけど、実はこの『濡れないスーツ』の使いこなしは大事な事になる

もちろん水が入らない=浮力調整が必要になるので、コントロールはウェットスーツのシーズンに比べて、格段に難しくなる

D62074CD-3606-4014-B6A8-17AA647F336D

6CA357FB-C51A-4BFB-8BB6-DF8EFC176388

こんなシーズンをきっちり潜れるダイバーは、逆を言うとかなりイケてる

この画像も6月くらいのちょうどドライスーツシーズンに、頑張って潜ってスキルをしてるメンバーたち

2B4DD4EC-E283-42CD-A97B-3DB0D70AF5F3

もちろんテクニックの上達も早くて、良いポイントに手軽に潜れるようになる

今は夏だけどドライは10月辺りから

そろそれ準備してても、決して早く無いパリコレでっせ

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今スグ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435
無料説明会受付中!今スグお申し込み!