BLOGブログ

ボホール島ツアー〜水中の竜巻に逢いに🌪〜転の巻

フィリピンの人はシャイな人が多い

エエ歳の男性でも、本当に可愛いくらいに照れ屋さん


始め話かけると『笑顔』なんやけど、これは優しいってのもあるけど緊張してる証拠らしい


慣れてくるとお尻とかをモニモニ触って来たりする(もちろん異性にじゃないよ)


ここまで来たら、かなり打ち解けた雰囲気らしい


フィリピン人と仲良くなるのが早い信吾です、こんにちわ


ボホール島ツアーを語る時に、ギンガメアジは欠かせない


21CF2B2B-3EBE-487A-8544-6598AEF31EE9


でもそればっかりでもない事をお伝えしておこう


『ターシャ』って言う世界的にめかなり小さい猿に会いに行く観光を蹴ってでも、ダイビングを取ってしまうボホール島付近でのダイビングは


B7591D74-E116-4AA8-B811-740C866BC210


まずはウミガメと出会う


ウミガメって海の生物の中でも、かなりアイドルやと思う


00CFE3EF-9DFA-46C9-9F3A-35E4C45C1545


写真を撮っても遠くて良し、近くても良し、なんなら逆光でもかなり絵になる


触れ合える距離にまで来てくれるし、まさに『会いに行けるアイドル』AKB的なポジションや


…ちょっと何言ってるか分からなくなったので次に


AC9CC5B6-CC99-4A0C-889F-9FF967C70009


31CEEB65-2E9B-49FC-AC43-EFD9B732D940


ブサ可愛代表の『カエルアンコウ』や、クマノミの種で1番人気の声も高い『スパインチークアネモネフィッシュ』なんかも、結構手軽に会える


29A30E4B-39A7-40CD-A857-70860C082BF4


あと、特筆すべきはトロピカルフィッシュの多さやと思う


パープルビューティー(名前が良い)名前の通り鮮やかな紫と、メラネシアンアンティアスのピンクが乱舞した水中は、ホントに美しい


BB4EB24F-E194-4C76-8F4E-1C9D37883708


スズメダイ系も多く


どこをむいても必ずなんらかの魚が目に飛び込んで来る程、魚影が濃い


661D9CA4-FA8A-45A3-9C89-90AE2D33B96A


この写真では分かりづらいかも知れないけど、デバスズメダイの群れ方が凄まじい


サンゴもまだまだ活き活きしてて、癒されるダイビングってまさにこの事って海や


83051B43-23CF-4C32-A366-00A664B6C9A9


AF1A5E82-0430-4941-93A5-929C7895E91D


マクロ良しワイド良しっ


来年も必ず行くぜ


★ギンガメアジのトルネードはこちら★

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今すぐ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435