BLOGブログ

毎日違う風景かここにある 〜光るイソギンチャク編〜

異常気象とか、50年に一度って言う伝え方って分かりにくくない?

なんか毎年言うてる気がするから、もはやこの気温が通常なんちゃう❓って感じる

100年に一度の逸材も沢山いてるし…

なにが言いたいかって、特にないねん

とにかく今年は台風の影響の少ない、暑過ぎる日にならないようにって願ってる信吾さんです、こんにちわ

 

和歌山の南部にスペシャルなポイントがある

ショウガセってポイント

ED85D799-60B3-4112-AF4B-2FDBC92BD2DD

そこの水底には光るイソギンチャクが群生していた

『していた』って事は過去形

去年潜った時には1匹も確認出来なかったのは、やっぱりこの異常気象って言われる気候なのか?海の変化なのか?

64AA6CC3-EF05-4E3D-8E93-29BBE435C788

はたまたイソギンチャクの気分や生命力が関わってるのか?鑑賞用に乱獲されたのか?

6C6B474F-A8D5-443B-97A8-89ABDA7ADCFC

全然理由は分からないけど、復活の兆しがあるって言う情報やったので確認しに行こう

ダイビングは日帰りの時には2回潜る(本来は2本って言う)

キャニオンを経て向かう水深は40m❗️

7D9401D5-C60E-4390-B093-BA8A626D18F2

減圧もよく考えないも行けないダイビングになるけど、メンバー的にも問題なし

特に本日の透明度なら、ショウガセをチョイスするのは正解やっ

下から見上げるダイバーは、もはやリゾートの写真に近い

肝心のイソギンチャクは…

D7464E82-B347-4879-8E56-E561B89A4582

素晴らしいっ❗️

C200DBB4-7F45-4990-A7E9-6BFBB893120C

見事と言ってエエくらい、復活してる

群生と言って良いでしょうオオカワリギンチャクは、40mの水底で淡く儚い光を輝かせておりました

なんだか無性に嬉しかったなぁ

知らないところで、生命は繰り返しとるなぁ

なんて感じながら💓

6EB91E15-A7E3-4011-BD95-FCDD16D643D8

もう夢中になって写真を撮りまくります

あまり深いところに長時間いると、窒素が体内に溜まっていくので時間制限がある

324BE93D-1124-4C6B-BBB0-7759BFD54870

FFF59C3D-F222-41F1-82D0-36BFAB180532

エアーと時間のせめぎ合いの中で、最高の一枚とまでは言わないけど納得のいく写真を

綺麗な水中だったので感じれた高度感は、日々のストレスを遥か彼方へ消し去ってくれるのでした✨

無料説明会のご参加や
お問い合わせはお気軽に。

お問い合わせ・ご予約 今すぐ電話する
TEL
06-6991-8434
FAX
06-6991-8435